たるみ治療の種類|肝斑をより安全に改善するためにはクリニック選びが重要になる

たるみの悩み

加齢などが原因でたるみが目立つようになってきます。このたるみは、スキンケアやマッサージだけでは満足する改善はできません。ですから、クリニックでたるみ治療をすると十分な効果を感じることができるでしょう。また、たるみ治療は様々な種類があり特徴も異なるので違いを知って自分に合った方法を選ぶことが重要といえます。

たるみ治療の種類

女性

高周波を照射するサーマクール

サーマクールは、高周波をたるみが気になる箇所に照射します。そうすることで、熱を真皮にまでしっかりと届けてたるみの改善が期待できるようになります。また、サーマクールは安全性と有効性が非常に高く人気の治療となっているのです。

超音波を使っているウルセラ

ウルセラは、高密度焦点式超音波を使用してたるみ改善を目指します。ウルセラの特徴として、メスを使うことなく施術時間が短いです。また、ダウンタウンや術後に肌トラブルになる可能性が低いので身体への負担が少ないと言えるでしょう。

近赤外光を照射するタイタン

タイタンは、近赤外光を照射することでコラーゲンを収縮させます。そして、たるみを解消するのです。また、タイタンは費用が安く誰でも気軽に受けられるという特徴があります。